こっそり支援

富山県を中心に北陸をこっそり応援するブログ。

柴山潟から眺める白山の日の出

www.youtube.com

 

富山県だと日の出も日の入りもスポットがあるけど、石川県にはあまり無いな…と思い色々調べて、柴山潟から眺めた白山からの日の出を撮影してみました。

 

石川県加賀市新保町、柴山潟の北西側で新堀川の側にある白山眺望広場。冬至に近い時期であれば、ここから白山と日の出を1フレームで撮せます。とはいえ北陸の冬は滅多に晴れず、山も見える晴れとなると特に少ないためチャンスは限られてます。

撮影時、少し雲が出てくれて良い感じに焼けました。

日の出前後に見られる黄金色の風景がとても好きで、今回もその色が撮れたのが嬉しかったです。

 

場所は変わってこちらは小松市の木場潟、西園地から眺めた白山。美しく冠雪した白山を眺めるなら絶好のスポットです。

立山連峰からの日の出特集

めったに晴れない富山の冬に、それでも珍しく晴れた日を見計らって立山連峰からの日の出を美しく撮れる場所を追い求めてたら、結構な枚数となったのでまとめてみました。

 

富山県高岡市 雨晴海岸

雨晴海岸

2021年撮影 8K画質

 

定番中の定番、雨晴海岸から眺める立山連峰の日の出。しかしながら撮影に行った方は写真見て気づくと思いますが、これほどまでに濃い気嵐は滅多にありません。撮影当日は氷点下7度、庄川河口付近は濃霧発生、ほぼ無風、ほぼ満潮という好条件がかなり重なった事で特に美しい日の出となりました。

 

わりとよくある日の出はこんな感じ。とはいえ滅多に晴れないのでこれでも貴重ではありますが。

2015年撮影 4K画質

2013年撮影 2K画質


  

 

氷見市 比美乃江公園

比美乃江公園

 

比美乃江公園から眺める日の出は、雨晴海岸より水平線が長いので、濃いめの気嵐を撮しやすいのがポイント。タイミングが合えば気嵐の中を進む漁船を撮すことも出来るので、とても幻想的な雰囲気を見ること出来ます。

 

射水市 海王丸パーク

海王丸パーク


海の貴婦人、海王丸新湊大橋を合わせて撮すことが出来る日の出スポット。望遠レンズを使って海王丸の先に劔岳をズバッと切り抜くも良し、広角レンズ使って空間を切り取るも良し。構図にどれだけでもこだわれます。

 

富山市婦中町) 安田城跡

安田城跡

今回紹介する中では一番地味な印象。お堀に朝日が反射してもっと印象的になるかなと思ったのですが、そんなに強い雰囲気にはならず。他と比べると何か足りないな…という消化不良感あり。けどお蔵入りは勿体ないのでここでせっかくなので掲載。

 

富山市婦中町) ハクチョウ

ハクチョウ

富山でハクチョウの越冬地というと田尻池が有名ですが、最近はカモが多すぎるせいか他へお出かけする事が多くなりました。この年はたまたま水を張った婦中町の田んぼにハクチョウが飛来。日の出とハクチョウという良い雰囲気を撮すこと出来ました。

 

ただ翌週に行ったら水が抜かれ、ハクチョウは全て別の所へと移ってしまいました。ちょっと寂しいけど、水田を管理する人の気持ちも解らなくも無く。見る分には美しいけど、夜中も鳴き声が意外にうるさかったりします。

 

高岡市 伏木万葉ふ頭

伏木万葉ふ頭


新湊大橋と、新湊火力発電所煙突がアクセントになるポイント。ここでもそれなりに気嵐が発生してくれる時あるので、良い感じに撮せます。

劔岳が写ってなきゃ立山連峰とは言わない!」とか「劔岳以外ワカランからとにかく劔岳が入る構図じゃ無いとヤダ!」という人には向かない場所ですが、山新港のシルエットが良い感じに見えるので、これはこれで良いのではと思います。

 

富山市 呉羽山

呉羽山


呉羽山展望台より少し北側にある北陸新幹線の撮影スポットから撮した日の出風景。この撮影日前日まで降雪があったことで町全体が白くなり、良い雪景色になりました。

日の出の瞬間と新幹線の通過も重なってくれてとても印象的な映像になり嬉しかったです。タイミングも景色も良い時でしたが意外にこの日、撮影してたのは自分だけでした。

 

富山市 岩瀬運河

岩瀬運河


富岩運河の海近くにある岩瀬運河、そこを通るライトレールと日の出の風景。撮影当日、氷点下だったこともあり小さな運河でも気嵐が発生してくれて良い雰囲気を撮せました。

右奥の建物は富山競輪場の施設。如何に写真や映像の中で、気にならないように撮すか悩みながら構図を選びました。

 

南砺市 医王山(いおうぜん)国見フュッテ

医王山

正確には立山連峰からの日の出ではなく、赤祖父山の峰からの日の出。けど横構図の写真では奥に立山連峰が見えてるのと、紹介する機会がなかなか無いのでこの機会に記載。

照らされてゆく砺波平野の雰囲気がとても美しく、それぞれの家から立ち登り始める煙に、一日の始まりや生活を実感することができたのがとても印象的でした。

この写真は秋に撮影。国見フュッテは降雪すると車では行けなくなります。冬に同じような写真撮りたい場合はスキー場イオックスアローザのリフトを使うことで出来そうです。

 

富山市 富山空港

富山空港


動画では上記総集編0:25時点ちらっと流れます。

自分の中では「奇跡の一枚」と思ってますが、SNS評価はあまり芳しくなくて少し寂しい気持ち。

この日は滅多に晴れない富山で、立山連峰が綺麗に見える朝。便数のとても少ない富山空港なので、狙えるのはこの一回のみ。この位置でカメラを構えたものの、ほぼ無風だったのでどちらに向かって離陸するかわからない状態。さらに離陸のタイミングはその時の操縦する人次第なので、この写真のようにすぐ急上昇する機体もあれば、ギリギリまで低空飛行な機体もあり。かなり運次第なポイント設定でした。

薬師岳からの日の出瞬間はとてもギリギリで、飛行機が滑走路を走行してる間もまだ日の出にならず、「離陸後に日の出かな…」となかば諦めてたところ、離陸直前でようやく太陽が顔を出し、その30秒後ほどに航空機が離陸しました。

日の出の場所と時間、離陸の方向、角度、全てがバッチリ狙ったとおりの構図で撮れて自分の中では最高の一枚となりました。とても奇跡的な瞬間が撮れたと思う割に、他者評価が今ひとつなので、ここで精一杯自慢させて貰いました。

 

こんな感じで撮り続けた立山連峰の日の出風景。他にも多数、多箇所で撮影はしてますが、微妙な失敗感があるので割愛。まだまだ多彩な表現できると思うので、これからも機会見て立山連峰は撮し続けようと思います。

那谷寺の雪景色

 


www.youtube.com

石川県小松市を代表する寺院で、紅葉の景観地としても有名な高野山真言宗別格本山、那谷寺(なたでら)の雪景色を撮してきました。

 

通常、開門は9時15分から。開門前に行くと阿形、吽形の仁王像が2体並んで見ることが出来ます。開門後はそれぞれ離れるため、開門前のみに見られる光景。

9時15分頃開門。当日、朝から来た来訪者は自分だけでした。

山門をくぐってすぐ左に金堂華王殿。青空と白い木々、その中に栄える赤い社の構図が気に入ったので、今年の年賀状にもしました。

 

時々、ヤマガラヒヨドリの鳴き声が響く以外は、サラサラと木々から雪が落ちる音のみが響いてました。

那谷寺を代表する景観、奇岩遊仙境。海底噴火の跡が隆起後風化によってできたとされる巨大な岩。以前は立ち入ることも出来ましたが、現在は安全と景観保護のため立入禁止。

2016年にYouTubeで公開した紅葉風景で、歩いてる人がいたり、そこからの景観があるのは、当時まだ立入禁止ではありませんでした。

youtu.be

 

那谷寺の本殿になる、大悲閣。国宝指定、重要文化財。本殿奥の胎内は撮影禁止ですが、それ以外は係員から許可をもらい撮影しました。

那谷寺の大池。鴨達が越冬で休んでいます。

寛永19年(1642年)、徳川家綱の生誕祝に前田利常が建立したものと伝えられている三重塔。

 

こちらも那谷寺を代表する景観、楓月橋。

 

那谷寺は紅葉景観地として有名ですが、緑も美しく、雪景色も美しかったです。この日、3時間近く撮影でいましたが、来客は自分含めて4組ほどしかいませんでした。雪降る日の那谷寺もお勧めです。

 

暑い夏の日の那谷寺風景はこちらをご覧ください。


www.youtube.com

呉羽山から眺める立山連峰と北陸新幹線の雪景色

日の出と北陸新幹線

立山連峰からの日の出と北陸新幹線

youtu.be

 

 

立山連峰を一望できる定番景観地、富山市呉羽山北陸新幹線と合わせて見ることが出来ます。北陸新幹線開業前から撮影の定番スポットとして有名ですが、冬の時期になると日の出と新幹線を合わせて撮すこと出来るタイミングがあります。12月~1月頃なら、おおよそ7時~7時半頃が目安。

 

富山市街地の夜景

富山市街地の夜景

自身はこの日、夜明け前から撮影を開始。たまにランニングで通る人がいる以外には静かな所です。

冬の朝だと平野部にかすみがかかって、少し幻想的な感じある雰囲気を見ることも出来ます。

日の出の時間、この辺りは北陸新幹線も通勤時間帯のためか頻繁に行き来することがありますし、時刻表に乗っていなくても、富山-金沢間の「つるぎ」配車のため通ることあるので撮影のチャンスが多いです。

じっくり構え続けて3時間近く、これだけの撮影ができました。途中で富山空港に着陸する羽田便も通るので、立山連峰と飛行機を合わせて撮る事もできます。

 

当然ながら、日中も展望スポットとしてはとても良いところです。

 

 

この撮影ポイントはまさに北陸新幹線を撮る人のための展望台という感じですが、立山連峰を眺めるなら「呉羽山展望台」「桜の広場展望台」もお勧めです。山々が綺麗に見える日は是非ともここからの展望も見て欲しいところ。ただ平日でも大渋滞することあります。

日常的に渋滞時がちな展望台の解消にと、新たな展望台としての機能も見込んだ呉羽丘陵フットパス橋梁(呉羽山・城山連絡橋)の建設が進められてます。2023年の8月頃完成見込みとのことで、そちらからの展望も楽しみです。

 

閑乗寺公園に彫刻看板新設

 

田植えの時期、良い天気だと水田に夕日が反射して幻想的な風景を見ることができる富山県南砺市井波の閑乗寺(かんじょうじ)公園。この写真は2010年5月撮影。

 

今日は雨模様でしたが、遠くの山々が薄く浮いたように、水墨画のような雰囲気となっていました。

 

時々大粒の雨が降る中、この閑乗寺公園に新しい木工彫刻による案内看板が新設されました。

地元井波の伝統工芸、木工彫刻家のグループが制作、キジ科のヤマドリを描きながらも伝統工芸の枠を超えたポップな表現となっています。

 

この日は制作に携わった方々や、北日本新聞社の取材が設置を見守りました。

おおよそ2時間程かかり、無事お披露目となりました。車から見ると小さく感じますが、近づくとかなりの大きさ。一番大きい看板の重量は100kgを超えているとのこと。

今年は閑乗寺公園が開園して50周年ということもあり、今後記念イベントを行っていく予定で、そこに彩りを添える看板として登場しました。

設置された場所の下はツツジの花壇。これからツツジが咲いてゆくので、看板の前で記念写真すれば、より映える感じになりそうです。

 

以前、とやま観光推進機構がDiscover Toyamaキャンペーンとして制作したクリアファイルの写真に、閑乗寺公園からの風景を「砺波市の風景」と称して配布したことで地元の方から顰蹙買ってましたが、こうしてきちんと南砺市井波の公園であることをはっきりPRした看板ができたことで、間違えることは無くなる事でしょう。

 

閑乗寺公園はBBQやキャンプができる設備が整っており、昨今のキャンプブームに伴って利用者が急増しているとのこと。アニメ映画「ゆるゆり なちゅやちゅみ!」や、TVアニメ「Another」の舞台モデルとしても使われており、ここからの風景は定評があります。そんな人気の公園、訪れた記念としてこの看板前での写真撮影が、ちょうど良いかもしれません。

なお、公園内には今回の看板制作した彫刻家グループによる鳥の彫刻もさりげなく点在しています。どこにあるかは明示されてないので、探してみるのも楽しそうです。

 

あと、同じ井波地域を代表するお寺、瑞泉寺では藤棚が見頃となっておりました。

雨天であったため白い藤は空に溶けてしまい、あまり良い撮れ方ができませんでしたが、青空の日に見るととても映えた雰囲気で見られそうです。

周囲にとても甘い香りが広がっておりました。もう1週間程が見頃では無いかと思います。

 

富山県射水市、海王丸パークで眺める立山連峰からの日の出

f:id:inoue1024:20220101015244j:plain

f:id:inoue1024:20220101015240j:plain

射水市を代表する景観地、航海練習船で大型練習帆船帆船として使われた初代海王丸と、日本海側では最大規模の大きさとされる新湊大橋が一望できる海王丸パークから眺めた立山連峰からの日の出風景を、Canon EOS R5によるUHD 8K画質で撮影しました。

 

[富山]射水市海王丸パークから眺める日の出[UHD8K顔声曲無 ] - Sunrise over the Tateyama Mountain Range from Kaioumaru Park

https://youtu.be/6HN5MERDdnw


www.youtube.com

 

f:id:inoue1024:20220101015159j:plain

f:id:inoue1024:20220101015203j:plain

f:id:inoue1024:20220101015208j:plain

撮影は日の出前から開始。日の出前の空色も撮したかったので、普段よりもかなり早めの時間からカメラを構えました。

 

f:id:inoue1024:20220101015213j:plain

f:id:inoue1024:20220101015236j:plain

日の出頃になり少しずつ空に雲が出てきました。けれでも雰囲気が良く晴天よりもむしろ良い感じになりました。

 

f:id:inoue1024:20220101015255j:plain

f:id:inoue1024:20220101015302j:plain

鮮やかな雰囲気となった、新湊での日の出風景でした。

 

総帆展帆したときの映像もありますので、是非こちらもご覧ください。


www.youtube.com

 

福井県大野市、刈込池の紅葉

f:id:inoue1024:20211111161731j:plain

 

 

 

福井県大野市にある刈込池。例年10月下旬~11月上旬が見頃とされており、福井県の紅葉風景と言ったらココ!みたいに紹介されるものの、辿り着くのがとても大変な場所。麓の美濃街道国道158号線から一番近い上小池駐車場まで、大型車両の進入が禁止されている狭い林道を約1時間、駐車場からは登山装備や熊鈴等付けた上で登山道を登ること約1時間歩くことでようやく到着。

しかもシーズン土日祝祭日になると朝6時ぐらいには駐車場が満車となるため、降りてくる車がでるまで待たされるという場所。そのため福井県を代表する景観地とされてながらも、見に行くのがかなり大変な場所です。

f:id:inoue1024:20211111161957j:plain

駐車場からの登山道。今シーズンは近くのトイレが水不足のため閉鎖してました。この先にもトイレはありませんし、ここも開いてないこと多いようなので、出発前に済ませておくことをお勧めします。

f:id:inoue1024:20211111161948j:plain

「なだらかだけど時間のかかる岩場コース80分か、急坂で大変だけど早く着く石段コース60分か」の分岐点。来訪時はまだ日の出前で真っ暗だったので、帰路時に撮影。以下の道中も同様に帰路時の撮影。

f:id:inoue1024:20211111161938j:plain

f:id:inoue1024:20211111161929j:plain

石段コース、686段あると書かれてました。登るのがひたすらきついけど、登り終えた後の300mほどはわりとなだらかな道でした。

 

自分は自宅を午前3時に出発し、現地に午前5時半頃駐車場に到着。刈込池には7時少し前に着いて、他のカメラマンと一緒に日が入るのを待ちました。

f:id:inoue1024:20211111161827j:plain

f:id:inoue1024:20211111161832j:plain

日の出直前の風景。この日は若干雲がかかっていたため、日が差す様子は撮れませんでした。

自分がカメラをセットした隣が地元の常連ベテランさんだったので、いろいろお話を伺ってた所、もうしばらくすれば日が差すだろうから待ってれば綺麗に見えるとのことだったので、しばし雑談しつつ待機。こういう時、話し好きなベテランの方のアドバイスがとても役立ちます。

この周辺一帯は携帯電波が全く届かないので、することと言ったら撮すか雑談のみ。

f:id:inoue1024:20211111161727j:plain

f:id:inoue1024:20211111161722j:plain

アドバイスどおり日が差し始め、とても美しい風景が広がりました。日が差し気温が上昇する前までの、風が穏やかな水鏡を撮すならこの短い時間のみ。ひたすらシャッターを押します。

f:id:inoue1024:20211111161814j:plain

f:id:inoue1024:20211111161819j:plain

f:id:inoue1024:20211111161844j:plain

f:id:inoue1024:20211111161836j:plain

だいぶ湖面が波立ってきたので、場所を移動してアングルを変えたり他を撮したりと色々。

f:id:inoue1024:20211111161853j:plain

f:id:inoue1024:20211111161849j:plain

やたらフラッシュ焚いてる人がいるなと思ったら、このアングルを綺麗に撮りたい目的の人だった様子。自分はライト持ってきてなかったので、普通に撮影。

f:id:inoue1024:20211111161840j:plain

撮影に適したスペースはかなり狭いです。お互い譲り合いながらの撮影。下手なところに足を置くとすぐ泥に沈むので、登山靴等の装備が推奨。

f:id:inoue1024:20211111161910j:plain

f:id:inoue1024:20211111161906j:plain

じっくり撮影し、13時頃に下山開始。池の近くではこの風景を眺めながら、ゆったりを昼食を楽しむグループが多数。

f:id:inoue1024:20211111161915j:plain

f:id:inoue1024:20211111153243j:plain

来るときはまだ暗闇だったので解らなかった登山道の風景、改めて帰路時にみるとここもとても鮮やかだったので楽しめました。

 

久しぶりにガッツリと撮影してみた今回の刈込池。話には聞いてたけど、こんなにも美しいとは思いもせず。さすが福井県を代表する景観地と言われるだけあると納得の景色でした。

 

動画編集し、YouTubeにも公開したのでこちらも是非ごらんください。


www.youtube.com